ファミ通アワード2016キャラクターボイス賞受賞おめでとうございます!!

 嬉しい知らせが舞い込んできました。かねてから応援する鈴木達央さんがファミ通アワードにて男性キャラクターボイス賞を受賞されました!!めでたい!!授賞式にご本人はいらっしゃらなかったけれど、寄せられた受賞のコメントがとても素敵でしたね。

 制作に携わる全ての方への感謝に溢れた素晴らしい挨拶でした。

 苦節7年、その間に本当に色んなことがあったと思います。その中で制作から外れてしまったスタッフさんへの感謝も忘れないところが、達央さんらしいと思いました。裏方の諸々の事情を把握して全ての人に伝わるよう言葉を選んでおられるようでした。

 最近のインタビューなどを読むと、達央さんはアニメでもゲームでも原作のある物ならば原作者の意思を、FF15に関しても前身となったヴェルサスの原案を、過去のものとして扱わずに全面に主張されるのを見ます。多くのスタッフさんたちの中でも生みの親に、最上のリスペクトがあるようです。原作や原案を軸に稼働する一つの歯車としてあることが彼の信念に近いのかと思います。そのあたりは、ご自身も音楽を制作したりする中で0から何かを作り出すことの難しさを、強く意識されるようになったのかもしれませんね。達央さん、そして開発チームの皆さま本当に、本当におめでとうございます。

 

あ、そういえば

昨日紹介した映画「Mommy」は全編フランス語で日本語吹き替えは無かったですね。今後吹き替え版が発売されるならば是非、スティーヴの役を鈴木さんに!!と言うだけただなことを書いてみる。

映画「Mommy」の感想。

グザヴィエ・ドラン監督の話題作「Mommy」。ようやく観ることが出来ました。

まずはストーリーの紹介。

 

とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。ダイアン・デュプレの運命は、この法律により、大きく左右されることになる。

 

無知なために撮影や演出のことを詳しく語れないのが痛い。ただ、ドラン監督の作品には独特の空気感があります。アデルのMVも制作していましたが、冒頭で「あ、これは。となります」

そしてシーンを彩る名曲の数々。テーマは社会派だと思いますが物語は説明的にならず、音楽とともにテンポよくストーリーが展開していきます。

最近は日本国内でもよく取沙汰される発達障害。そして格差と貧困の問題。愛があればそれらの困難を乗り越えられるのか否か。ごく身近でどこの社会にも起こり得るこれらの問題に関しこの作品が突きつけた答えは「否」なのだと思います。ADHDの息子と暮らすダイアンは、田舎での新生活に精神疾患で休養中のカイラとの出会いや息子スティーヴの成長ぶりなどで少しずつ生活に希望を見出していきますが、やはりその幸せな日々は長くは続きません。経済的な困難やスティーヴの自殺未遂などによって追い込まれ、ダイアンはある決断をします。そして言います。「私は家族を捨てるのではない。希望を捨てたくないだけなの」どんな苦しみの中にあっても希望を抱いて生きなければ、そのような強いメッセージを打ち出してラナ・ディルレイのborn to die でエンディングを迎えます。

 

ただ生きるということの困難を噛みしめました。綺麗ごとを並べてることは簡単だけど、現実ってこうかもしれない。ただ、そのような困難の中にあっても人は強く生きていかなければならないのでしょうね。

 

 

明けましておめでとうございます

寝正月です。昨夜はドリフターズ一挙放送でしたので、わいわいはしゃぎながら過ごしました。いやー、素晴らしいクオリティですし、演者のエネルギーが半端ないです。菅野さんの登場シーン、アニメオリジナルの補完もあり、凄くむねあつなシーンになってましたね。名乗りがカッコいい!!廃城三人衆も可愛いですね。豊久役の中村悠一さんと信長役の内田直哉さんには非常に高度な演技レベルを要求されていると思います。台詞量も方言もはんぱないですからね。平野先生、アニメスタッフの皆さま、素晴らしい作品を世に送り出してくださって感謝しかございませんよ。

鈴木達央さんを好きで良かった!

声優の鈴木達央さん。

鈴木達央さんは私の大好きな声の役者さんです。ファンになってもうしばらく経ちますが、鈴木さんに関係して最近もの凄く嬉しいことがあったのです!大好きな作品「ドリフターズ」への出演が決まったのです。ドリフターズは歴史上の戦人たちが異世界へ迷い込み、そこでも戦いに明け暮れるという狂気に満ちた物語です。達央さんの演じられる役名は菅野直。大日本帝国海軍のエースパイロットの一人です。まったく海軍や飛行機について無知な私はウィキペディアで彼のことを知ったのですが、うむ。この人は面白いぞと注目していたそのキャラクターに達央さんの声が!残念ながらリアルタイムでの視聴は叶わないのですが、とてもたのしみです。うっきうきの秋がはじまっております。

大好きの気持ちとちょっとした回顧録

ブログを始めてみました。

何事もほどほどにというのが出来ない性分。

大好きなものも嫌いになるまで情熱をぶつけて疲れてしまう厄介な性分。

どこかに捌け口を設けたいと思い立ち、ブログを開設してみました。

2016年8月より個人的に綴っていた日記の回顧録も書いていきます。